BizMuとは?はじめての方へ

■BizMu<ビズミュー>は音楽活動の改善を行う学びの場

MUSIC BUSINESS ACADEMY<BizMuビズミュー>は。音楽業界のルールという固定概念を外し、いままでの音楽活動の改善を行う学びの場です。マネジメント思考で新しい音楽活動へ一歩踏み出しましょう。

主宰であり講師を務める阿部元博は、大手レコード会社にてレーベルプロモーション及びマネジメントプロダクションを共に属しゼネラリストとして初代trfのマネージャーを経て浜崎あゆみ筆頭にEvery Little Thing ・hitomi ・初代J Soul Brothers・大塚愛など数多くのメジャーアーティストをサポートしてきました。この二足のわらじのレーベル視点そしてマネジメント視点から豊富な経験と知識、そして多くの実績を有する類まれな存在として活躍しています。

<BizMuビズミュー>に参加することで、音楽活動の改善を行い、エンターテイメントによって社会貢献を行うアーティスト・アーティストをサポートするプロフェッショナルマネージャーを目指すことができます。

音楽アーティストの皆さん。プロダクション運営の皆さんへ

皆さんは、今よりも知名度を上げたりファンを増やしたいと思っているのに何から始めたらいいかわからず困っていますよね?

音楽業界の先輩や知人に相談をしたり、認知を広げるためにSNSやYOUTUBEの自分の記事や歌唱映像などもアップしたり、また、LIVEハウスなどのイベントにも出たりし、多くの方に自分を知ってもらおうと行動していますよね?

しかし、それでも認知が上がらなかったり、ファンの増員につながっていなかったりしていますよね。
それは、自分(アーティスト)の方向性と目標設定がなされていないからです。

また、プロダクション運営の皆さんへ
音楽ビジネスを成功させたいけれど、音楽ビジネスの収益悪化のためにこの先どうしたらいいかわからずに困っていますよね?

業界関係者に相談をしたり、営業のお願いをしたり、音楽以外でのマネタイズを考えたりしていても、新しい収益が生まれたり新しくマネタイズする部分が見えてこないですよね?

その原因は、音楽を売ることだけでなく、アーティストの魅力に合わせた多角的な収益計画がないからです。それを解決するにはアーティストのマネタイズポイントの発見することが必要です。

それには、アーティストの方向性や目標設定をし、アーティスト年間計画の作成をすることが必要なのです。アーティスト年間計画を作成し、音楽アーティスト活動の体質の改善を行いマネタイズポイントを発見しましょう。

アーティスト活動の可視化3つの要素

アーティスト活動の改善には以下の3つの要素が必要です。

1.<アーティスト分析>

アーティストの自己紹介とも言えるプロフィールをさらに掘り下げターゲットの絞りこみ・活動範囲の明確さを図ります。

2.<目標設定>

アーティスト分析から導き出され目標設定を可視化し可視化することで行動・活動範囲が明確になります。

3.<年間計画>

中長期計画)(3年)を前提に目標設定を3ステップ設定。
1年後の自分たちのイメージを持って活動を行っていきます。

BizMuでは、これらを学び、実際に改善を図っていくための各種講座・コミュニティ・セミナー・コンサルティングなどを実施しています。

 

まずは無料メールマガジンにて無料オンライン講座をご覧ください。

無料オンライン講座はこちら

 

Authors

阿部元博

杉村 隆

Contents

  1. 2019.07.03

    第一回BizMu音楽マネジメント交流会を実施しました

  1. 登録されている記事はございません。